poster1

A B O U T

会社概要

Company

社名 株式会社CAI  カ)シーエーアイ
CAI Co., Ltd.
代表取締役 諏 訪 義 徳   Yoshinori Suwa
取締役 八 木 隆 志   Takashi Yagi
及 川 利 明   Toshiaki Oikawa
社歴 -2000年 6月 2日-
株式会社現代芸術研究所 設立
Contemporary Art Institute was established.

-2004年 6月 1日-
株式会社CAI へ組織変更
株式会社イベントサービス東京支社と事業統合
Reorganized as CAI Co., Ltd.
The busdiness intergulation of Event Service Co., Ltd.

-2006年 3月27日-
現所在地へ本社移転
We have moved to the current Address.

-2006年 6月20日-
代表取締役に諏訪義徳 就任
Yoshinori Suwa was inaugurated as CEO.
専属会計士 齋藤会計事務所
株式会社アップルコンサルティング
専属社労士 社会保険労務士法人ステディ

CAI とは

株式会社CAI はこれまでの主な活動として、総合的な文化的事業に有効性と価値を見いだし、全国各地及び、海外とのネットワークを基盤に各企業、地方自治体、国とプロジェクトを組み、確かな足跡を刻んで来ました。2006年(平成18年)3月、株式会社CAI は本社を札幌から東京へ移転し、新たな拠点からさらに幅広く奥深く事業を展開する体制を整えました。

具体的な事業内容は、文化事業の企画・制作及び、プロデュース・コンサルタント業を基軸としています。「MICE」 の企画・制作・運営・管理まで手掛ける「コンベンション事業」と、その企画に対してのイメージプランを具体化させるアートディレクションや、独自に文化事業企画を行う「制作・プロモーション事業」が相互に連動した動きにより、「文化のかたち」を実現します。

About CAI

We have found the value in cultural projects and worked with wide range of companies, municipalities, Japanese government, and foreign companies. In March 2006, our company moved from Sapporo to Tokyo to expand its business into new area.

Our company's main business is producing and directing cultural programs. We support you to manage「MICE」as "Convention Business", and also we have "Production・Promotion Business" in order to embodies its ideas with artistic directions. Our aim is to enhance cultural scene widely through our business.

Form of culture

CAI が捉える文化とは、「コミュニケーション」であると考えます。そして、CAI の事業対象の中心であるコンベンションとは、文化から抽出した産物であると捉えます。当然ながら、文化という存在そのものは単なる言葉であり、物理的な形は伴いません。しかし、人々と場が「コミュニケーション」を介して展開することにより、世界の中に文化が形成されるのです。よって、CAI はコンベンションなどを通じて文化を具体化する行為を「文化のかたち」と捉えることで、自身のコーポレートアイデンティティを"Communication Architect Ideas"と、独自の解釈により定義しました。それは人と文化の繋がり、その先にある「文化のかたち」を作る意思の表示です。

Form of culture

Our understanding of culture is "communication" and events which is our main business is extracted from culture. Culture is just a word and it does not take the form of objects. However, culture is formed by a development of people and places through "communication". Hence, we think making culture through event as "cultural format" and define our company identity as "Communication Architect Ideas". This shows our strong aim that is to create "culture format" through connecting people and culture.